無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 「草稿詩篇」(1933年〜1936年)について | トップページ | 主な参考文献 »

2013/08/02

「ノート翻訳詩」について

 
 
 「ノート翻訳詩」は、中原中也が使っていた「ノート小年時」と同種のノートで、表表紙に詩人の筆跡で「翻訳詩」と書かれてあるため、このノートの名を角川版編者がそう呼びならわしたものです。
 
 このノートには、ランボーやネルバルらの翻訳詩14篇のほかに、未発表詩篇8篇と「孟夏谿行」と題された短歌4首、および断片が記されましたが、翻訳詩14篇は「翻訳」に分類され、断片は「評論・小説」に分類されます。したがって「ノート翻訳詩」に収録されるのは、未発表詩篇8篇と短歌4首だけです。いずれも昭和8年の制作と推定され、「ノート翻訳詩(1933年)」と表記されます。ややこしい話ですが、「ノート翻訳詩(1933年)」には翻訳詩は収録されないのです。
 
 

<スポンサーリンク>

« 「草稿詩篇」(1933年〜1936年)について | トップページ | 主な参考文献 »

その他の詩篇」カテゴリの記事