ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 薔 薇 | トップページ | 中原中也の夏の詩<23選> »

中原中也の恋愛詩<31選>

3541047892_3

<中原中也の詩の中で恋愛に関するものを集めてみました>

ポッカリ月が出ましたら、舟を浮べて出掛けましょう。〜湖 上

崖の上の彼女の上に 精霊が怪しげなる条を描く。〜深夜の思い

死んだっていいよう、と、うつくしい魂は涕くのであった。〜妹 よ

おまえが声をかけるのだ、どっかにはいって憩みましょうよと。〜わが喫煙

そなたの胸は海のよう おおらかにこそうちあぐる。〜みちこ

そんなに美しいあなたさえ あんな言葉を気にするなんて、〜マルレネ・ディートリッヒ

そなたは豹にしては鹿、鹿にしては豹に似ていた。〜細 心

なにゆえに こころかくは羞じらう 〜含 羞(はじらい)

眼うるめる 面長き女 たちあらわれて 消えてゆく 〜六月の雨

かぼそい声をもう一度、聞いてみたいと思うのだ 〜米 子

この利己一偏の女の子は、〜或る女の子

タバコとマントは同類で タバコが男でマントが女だ 〜タバコとマントの恋

正直過ぎては不可ません 親切過ぎては不可ません 〜恋の後悔

思惟の対象がみんな恋人になります。〜(天才が一度恋をすると)

途中下車して 無効になった切符が 〜(あなたが生れたその日に)

いとけない顔のうえに、降りはじめの雨が、ぽたっと落ちた… 〜間奏曲

最も弱いものは 弱いもの 〜初 恋

空想は植物性です 女は空想なんです 〜不可入性

アルコールのような夕暮に 二人は再びあいました 〜幼き恋の回顧

千の華燈よりとおくはなれ、〜かの女

私にかまわず実ってた 新しい桃があったのだ… 〜春と恋人

少女がいま校庭の隅に佇(たたず)んだのは 〜少女と雨

女 吹取紙(すいとりがみ)を早くかせ 〜(女)

それは実際あったことでしょうか 〜初恋集

思えば僕は一度だって 素直な態度をしたことはなかった 〜(おまえが花のように)

疲れやつれた美しい顔よ、私はおまえを愛す 〜疲れやつれた美しい顔

そのうすいくちびるとそのほそい声とは、食べるによろしい。〜(そのうすいくちびると)

女よ、美しいものよ、私の許(もと)にやっておいでよ。〜女 よ

私は、彼の女の傍に、騎兵のサーベルと、長靴とを感ずるのだ 〜悲しき画面

私の聖母(サンタ・マリヤ)! とにかく私は血を吐いた! 〜盲目の秋

その日蝶々の落ちるのを 夕の風がみていました 〜想像力の悲歌

« 薔 薇 | トップページ | 中原中也の夏の詩<23選> »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー