ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 中原中也の代表作<18選> | トップページ | <お手軽インデックス> »

中原中也の月<24選>

3541047892_f1a534cff1_z

<中原中也の詩で月が出てくるものを集めてみました> 
 
 
今宵(こよい)月はいよよ愁(かな)しく、〜月
 
今宵(こよい)月は襄荷(みょうが)を食い過ぎている 〜月
 
月は空にメダルのように、街角に建物はオルガンのように、〜都会の夏の夜
 
自転車は月の光を浴びながら、ガタガタといって引揚げられた。〜(七銭でバットを買って)
 
月の光が照っていた 〜月の光 その一
 
月夜の晩に、ボタンが一つ 波打際に、落ちていた。〜月夜の浜辺
 
月の光に照らされて 庭のベンチの上にいる 〜月の光 その二
 
月の光に明るい墓場に エジプト遺蹟(いせき)もなんのその 〜月下の告白
 
――あの月の中にはな、色蒼(あお)ざめたお姫様がいて……… 〜ピチベの哲学
 
ただただ月の光のヌメランとするままに 〜春の日の夕暮
 
月光うけて失神し 庭の土面(つちも)は附黒子(つけぼくろ)〜春の夜
 
ナイアガラの上には、月が出て、僕は中世の恋愛を夢みていた。〜(ナイヤガラの上には、月が出て)
 
月はおぼろにかすむ夜に、杉は、梢を 伸べていた。〜(月はおぼろにかすむ夜に)
 
蛙等は月を見ない 恐らく月の存在を知らない 〜(蛙等は月を見ない)
 
蛙が鳴く。月のある晩もない晩も、〜蛙 声
 
おっとり霧も立罩(たちこ)めて その上に月が明るみます、〜更くる夜
 
ポッカリ月が出ましたら、舟を浮べて出掛けましょう。 〜湖 上
 
竦然(しょうぜん)として身をすくめ 月はその時(とき)空にいた 〜頑是ない歌
 
カスタニェットと月光のほか 目覚ますことなき星を抱いて、〜幼獣の歌
 
僕は蛙を聴き 月を見、月の前を過ぎる雲を見て、僕は立っている 〜(蛙等が、どんなに鳴こうと)
 
その浪(なみ)はあまりに深く その月はあまりに清く、〜失せし希望
 
月ははるかな空にいて 見てはいますが聞こえない 〜(月の光は音もなし)
 
木(こ)の下かげには幽霊がいる 〜月夜とポプラ
 
月の光のそのことを、盲目少女(めくらむすめ)に教えたは、〜お道化うた
 
 

« 中原中也の代表作<18選> | トップページ | <お手軽インデックス> »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー