ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 中原中也の春の詩<21選> | トップページ | 中原中也のダダの詩<20選> »

中原中也の秋の詩<24選>

3541047892_f1a534cff1_z_2

<中原中也の秋の詩を集めてみました>
 
 
 
躁ぐ少女と嘲笑うヤンキイは いやだ いやだ! 〜秋の一日
 
『ぎーこたん、ばったりしょ……』狸婆々(たぬきばば)がうたう。〜港市の秋
 
ほんのりあかるい上天界 遐き昔の影祭(かげまつり)〜秋の夜空
 
あれは なんだ? あれは なんだ? 〜漂々と口笛吹いて
 
悪魔の伯父さん、おじゃったおじゃった。〜秋の愁嘆
 
秋の日は、干物の匂いがするよ 〜干 物
 
風が立ち、浪が騒ぎ、 無限の前に腕を振る。〜盲目の秋
 
草がちっともゆれなかったのよ、〜秋
 
器の中の水が揺れないように、器を持ち運ぶことは大切なのだ。〜修羅街輓歌
 
秋は 美し 女の 瞼(まぶた)〜秋の日
 
秋の日は、からだに暖か 手や足に、ひえびえとして 〜秋の消息
 
濃いシロップでも飲もう 冷たくして、太いストローで飲もう 〜秋日狂乱
 
秋の夜に、僕は僕が破裂する夢を見て目が醒めた。〜(秋の夜に)
 
私の部屋の、窓越しに みえるのは、エヤ・サイン 〜秋の日曜
 
 
それは冷たい。石のようだ 過去を抱いている。〜脱毛の秋 Etudes
 
たったこの間まで、四時には明るくなったのが 五時になってもまだ暗い 〜秋になる朝
 
友達よ、僕が何処にいたか知っているか? 〜夏過けて、友よ、秋とはなりました
 
それは泣きやめた女の顔、ワットマンに描かれた淡彩、〜(秋が来た)
 
或る日君は僕を見て嗤うだろう、〜雲った秋
 
秋の夜に、独りで湯に這入ることは、淋しいじゃないか。〜秋の夜に、湯に浸り
 
虫鳴く秋の此の夜さ一と夜 〜月下の告白
 
あんまり晴れてる 秋の空 赤い蜻蛉が 飛んでいる 〜蜻蛉に寄す
 
秋の夜は、はるかの彼方に、小石ばかりの、河原があって、〜一つのメルヘン
 

« 中原中也の春の詩<21選> | トップページ | 中原中也のダダの詩<20選> »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー