無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« 未発表詩篇〜早大ノート(1930年〜1937年)(インデックス) | トップページ | 未発表詩篇〜草稿詩篇(1933年~36年)(インデックス) »

2013/08/21

未発表詩篇〜ノート翻訳詩(1933年)(インデックス)

 
(書き出し2行ほどの一覧です)
 

僕の夢は破れて、其処に血を流した。あとにはキラキラ、星が光っていた。〜(僕の夢は破れて、其処に血を流した)

土を見るがいい、土は水を含んで黒く 〜(土を見るがいい)

卓子に、俯いてする夢想にも倦きると、僕は窓を開けて僕はみるのだ 〜(卓子に、俯いてする夢想にも倦きると)

河の水は濁って 夕陽を映して錆色をしている。〜小 景

郊外では、夜は沼のように見える野原の中に、〜蛙 声

蛙等は月を見ない 恐らく月の存在を知らない 〜(蛙等は月を見ない)

蛙等が、どんなに鳴こうと 月が、どんなに空の遊泳術に秀でていようと、〜(蛙等が、どんなに鳴こうと)

蛙が鳴くことも、月が空を泳ぐことも、〜Qu'est-ce que c'est?

この水は、いずれに行くや夏の日の、山は繁(しげ)れり、しずもりかえる 〜孟夏谿行
 
 

« 未発表詩篇〜早大ノート(1930年〜1937年)(インデックス) | トップページ | 未発表詩篇〜草稿詩篇(1933年~36年)(インデックス) »

カテゴリー別アーカイブ」カテゴリの記事