ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 未発表詩篇〜草稿詩篇(1931年~32年)(インデックス) | トップページ | 未発表詩篇〜ノート翻訳詩(1933年)(インデックス) »

未発表詩篇〜早大ノート(1930年〜1937年)(インデックス)

 
(書き出し2行ほどの一覧です)
 

秋の日は、干物の匂いがするよ 外苑の舗道しろじろ、うちつづき、〜干 物
 
いちじくの、葉が夕空にくろぐろと、風に吹かれて 〜いちじくの葉
 
醉客の、さわがしさのなか、ギタアルのレコード鳴って、〜カフェーにて
 
休みなされ、台所や便所の掃除こそ大事だなぞという教訓を、〜(休みなされ)
 
私の胃袋は、金の叫びを揚げた。水筒の中にはもはや、一滴の水もなかった。〜砂漠の渇き
 
そのうすいくちびると、そのほそい声とは 食べるによろしい。〜(そのうすいくちびると)
 
孤児の肌に唾吐きかけて、あとで泣いたるわたくしは 〜(孤児の肌に唾吐きかけて)
 
風のたよりに、沖のこと 聞けば 今夜は、可なり漁れそう、ゆっくり今頃夕飯食べてる。〜(風のたよりに、沖のこと 聞けば)
 
私のなかで舞ってるものは、こおろぎでもない、〜Qu'est-ce que c'est que moi?
 
抑制と、突発の間をいったりきたり、彼は人にも自分にも甘えているのです。〜さまざまな人
 
夜の空は、広大であった。その下に一軒の酒場があった。夜空と酒場
 
アセチリンをともして、低い台の上に商品を並べていた、〜夜 店
 
私の心の、『過去』の画面の、右の端には、女の額の、大きい額のプロフィルがみえ、〜悲しき画面
 
雨の音のはげしきことよ 風吹けば ひとしおまさり 〜雨と風
 
雨の音のはげしきことよ 風吹けばひとしおまさり 〜風 雨
 
吹く風を心の友と 口笛に心まぎらわし 〜(吹く風を心の友と)
 
秋の夜に、僕は僕が破裂する夢を見て目が醒めた。〜(秋の夜に)
 
支那というのは、吊鐘の中に這入っている蛇のようなもの。日本というのは、竹馬に乗った漢文句調、〜(支那というのは、吊鐘の中に這入っている蛇のようなもの)
 
われ等のジェネレーションには仕事がない。急に隠居が流行らなくなったことも原因であろう。〜(われ等のジェネレーションには仕事がない)
 
月はおぼろにかすむ夜に、杉は、梢を 伸べていた。〜(月はおぼろにかすむ夜に)
 
ポロリ、ポロリと死んでゆく。みんな別れてしまうのだ。〜(ポロリ、ポロリと死んでゆく)
 
疲れやつれた美しい顔よ、私はおまえを愛す。〜(疲れやつれた美しい顔よ)
 
生きのこるものはずうずうしく、死にゆくものはその清純さを漂わせ、〜死別の翌日
 
その夜私は、コンテで以て自我像を画いた 風の吹いてるお会式の夜でした 〜コキューの憶い出
 
傍若無人な、そなたの美しい振舞いを、その手を、まるで男の方を見ない眼を、〜細 心
 
なあに、小児病者の言うことですよ、そんなに美しいあなたさえ 〜マルレネ・ディートリッヒ
 
私の部屋の、窓越しに みえるのは、エヤ・サイン 〜秋の日曜
 
ナイヤガラの上には、月が出て、雲も だいぶん集っていた。〜(ナイヤガラの上には、月が出て)
 
汽笛が鳴ったので、僕は発車だと思った。〜(汽笛が鳴ったので)
 
七銭でバットを買って、一銭でマッチを買って、――ウレシイネ、〜(七銭でバットを買って)
 
それは一時の気の迷い、あきらめなされというけれど、〜(それは一時の気の迷い)
 
僕達の記臆力は鈍いから、僕達は、その人の鬚(ひげ)くらいしか覚えておらぬ 〜(僕達の記臆力は鈍いから)
 
南無 ダダ 足駄なく、傘なく 〜(南無 ダダ)
 
頭を、ボーズにしてやろう 囚人刈りにしてやろう 〜(頭を、ボーズにしてやろう)
 
自然というものは、つまらなくはない、歯医者の女房なぞというのが、つまらないのだ。〜(自然というものは、つまらなくはない)
 
月の光は音もなし、虫の鳴いてる草の上 〜(月の光は音もなし)
 
他愛もない僕の歌が 何かの役には立つでしょうか? 〜(他愛もない僕の歌が)
 
カワイラチイネ、おまえさんの鼻は、人間の鼻の模型だよ、〜嬰 児
 
宵に寝て、秋の夜中に目が覚めて 汽車の汽笛の音を聞いた。〜(宵に寝て、秋の夜中に目が覚めて)
 
今晩ああして元気に語り合っている人々も、実は元気ではないのです。〜酒場にて(初稿)
 
今晩ああして元気に語り合っている人々も、実は、元気ではないのです。〜酒場にて(定稿)
 
みまかりし、吾子はもけだし、今頃は 何をか求め、歩くらん?…… 〜こぞの雪今いずこ
 
私のなかで舞ってるものは、こおろぎでもない、〜Qu'est-ce que c'est que moi?

 
 

« 未発表詩篇〜草稿詩篇(1931年~32年)(インデックス) | トップページ | 未発表詩篇〜ノート翻訳詩(1933年)(インデックス) »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー