ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 中原中也のダダの詩<20選> | トップページ | 中原中也の月<24選> »

中原中也の代表作<18選>

3541047892_3

<中原中也の詩の中でも特に人気があり、代表作とも呼べるものを集めてみました> 

※タイトルクリックで全文へ 

幾時代かがありまして 茶色い戦争ありました 〜サーカス
 
それに陽は、さらさらと さらさらと射しているのでありました。〜一つのメルヘン
 
汚れっちまった悲しみに 今日も小雪の降りかかる 〜汚れっちまった悲しみに……
 
土手づたい きえてゆくかな うつくしき さまざまの夢。〜朝の歌
 
空は晴れてても、建物には蔭があるよ、〜早春散歩
 
月夜の晩に、ボタンが一つ 波打際に、落ちていた。〜月夜の浜辺
 
ポッカリ月が出ましたら、舟を浮べて出掛けましょう。〜湖 上
 
愛するものが死んだ時には、自殺しなきゃあなりません。〜春日狂想
 
私の上に降る雪は 真綿のようでありました 〜生い立ちの歌
 
あれはとおいい処にあるのだけれど おれは此処で待っていなくてはならない 〜言葉なき歌
 
私はもう歌なぞ歌わない 誰が歌なぞ歌うものか 〜詩人は辛い
 
思えば遠く来たもんだ 十二の冬のあの夕べ 〜頑是ない歌
 
海にいるのは、あれは人魚ではないのです。〜北の海
 
青い空は動かない、雲片一つあるでない。〜夏の日の歌
 
ではああ、濃いシロップでも飲もう 冷たくして、太いストローで飲もう 〜秋日狂乱
 
ホラホラ、これが僕の骨だ 〜骨
 
ああ おまえはなにをして来たのだと…… 吹き来る風が私に云う 〜帰 郷
 
春が来たって何になろ あの子が返って来るじゃない 〜また来ん春……
 
 

« 中原中也のダダの詩<20選> | トップページ | 中原中也の月<24選> »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー