ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 中原中也のオノマトペ<31選> | トップページ | 詩集「山羊の歌」(インデックス) »

中原中也の面白かわいいフレーズ<100選>

3541047892_f1a534cff1_z_2

<中原中也の詩で後々まで印象に残る面白かわいいフレーズを集めてみました> 
 
 
トタンがセンベイ食べて 〜春の日の夕暮
 
ゆあーん ゆよーん 〜サーカス
 
ただもうラアラア唱ってゆくのだ。〜都会の夏の夜
 
躁ぐ少女と嘲笑うヤンキイは いやだ いやだ! 〜秋の一日
 
鞄屋の女房の夕(ゆうべ)の鼻汁だ。〜深夜の思い
 
aé ao, aé ao, éo, aéo éo! 〜冬の雨の夜
 
ニコチンに、汚れたる歯を押匿す。〜凄じき黄昏
 
飛んで来るあの飛行機には、昨日私が昆虫の涙を塗っておいた。〜逝く夏の歌
 
雲母の口して歌ったよ、背ろに倒れ、歌ったよ、〜悲しき朝
 
たとえば狐の革裘(かわごろも)〜汚れっちまった悲しみに……
 
焦げて図太い向日葵(ひまわり)が 田舎の駅には咲いている。〜夏の日の歌
 
少児に踏まれし 貝の肉。〜夕 照
 
『ぎーこたん、ばったりしょ……』狸婆々(たぬきばば)がうたう。〜港市の秋
 
ピョートル大帝の目玉が、雲の中で光っている。〜ためいき
 
カドリール ゆらゆるスカーツ 〜春の思い出
 
千の天使が バスケットボールする。〜宿 酔
 
私はギロギロする目で諦(あきら)めていた…… 〜少年時
 
もう死んだっていいよう…… 〜妹 よ
 
にょきにょきと、ペエヴの上を歩むのだ。〜わが喫煙
 
月は襄荷(みょうが)を食い過ぎている 〜月
 
隣家は空に 舞い去っていた! 〜三歳の記憶
 
地球が二つに割れればいい 〜この小児
 
ジュピター神の砲(ひづつ)が鳴る。〜冬の明け方
 
えもいわれないカクテールです 〜冬の夜
 
ホラホラ、これが僕の骨だ、〜骨
 
濃いシロップでも飲もう 冷たくして、太いストローで飲もう 〜秋日狂乱
 
あーおい あーおい空の下 〜雲 雀
 
蒸気で出来た白熊が、沼をわたってやってくる。〜初夏の夜
 
海にいるのは、あれは人魚ではないのです。〜北の海
 
ベトちゃんだとは思うけど、シュバちゃんではなかったろうか? 〜お道化うた
 
雨の降る日は、殊にもぶきみ 晴れた日だとて、相当ぶきみ 〜思い出
 
畳の上に、寝ころぼう、蝿はブンブン 唸(うな)ってる 〜残 暑
 
大きい猫が頸ふりむけてぶきっちょに 一つの鈴をころばしている、〜春
 
その時子供は父母の膝下で蕎麦を食うべ。〜除夜の鐘
 
森の中では死んだ子が 蛍のように蹲(しゃが)んでる 〜月の光 その二
 
時を打つ前には、ぜいぜいと鳴った 〜村の時計
 
ぞろぞろぞろぞろ出てくるわ、出てくるわ出てくるわ 〜正 午
 
ハイ、ではみなさん、ハイ、御一緒に―― テンポ正しく、握手をしましょう。〜春日狂想
 
丘の方でチャルメラの音が…… 〜夜更け
 
この小っちゃ脳味噌は、〜或る女の子
 
思い出の破片の翻転(ほんてん)するをみたり。〜夏と私
 
チョンザイチョンザイピーフービー 〜ピチベの哲学
 
一切合切(いっさいがっさい)キリガミ細工 〜夏の明方年長妓が歌った
 
飛行機虫の夢をみよ、クリンベルトの夢をみよ。〜童 女
 
私は、何にも驚かぬ。却(かえっ)て、物が私に驚く。〜白 紙(ブランク)
 
ああ、家が建つ家が建つ。僕の家ではないけれど。〜はるかぜ
 
「リンカンさん」「なんですか」〜幻 想
 
夢の中で、彼女の臍(おへそ)は、背中にあった。〜或る夜の幻想(1・3)
 
ひからびてひからびてひからびてひからびて 〜ひからびた心
 
ああ、今頃もう、家ではお饅じゅうが蒸かせただろうか? 〜雨の朝
 
渓流で冷やされたビールは、青春のように悲しかった。〜渓 流
 
工場の正午は 鉄の先端で光が眠る 〜(ダック ドック ダクン)
 
飴(あめ)に皮がありますかい 〜(頁 頁 頁)
 
今日天からウヅラ豆が 畠の上に落ちていました 〜(58号の電車で女郎買に行った男が)
 
「これを行ったらどんなごみためがめつかるだろう?」〜冬と孤独と
 
悪魔の伯父(おじ)さん、おじゃったおじゃった。〜秋の愁嘆
 
マグデブルグの半球よ、おおレトルトよ! 〜地極の天使
 
死んでゆく牛はモーと啼(な)いた。〜屠殺所
 
マダガスカルで出来たという、このまあ紙は夏の空、〜詩人の嘆き
 
百合の少女の眼瞼の縁に、露の玉が一つ、あらわれた…… 〜間奏曲
 
秋の日は、干物の匂いがするよ 〜干 物
 
台所や便所の掃除こそ大事だなぞという教訓を、お忘れなされ。〜(休みなされ)
 
人の心はせわしい。なんとなく きらびやかで淋しい。〜浮 浪
 
私の胃袋は、金の叫びを揚げた。〜砂漠の渇き 
 
食べるによろしい。――ああ、よろしい! 〜(そのうすいくちびると)
 
おそらく私は、馬鹿面(ばかづら)さげていた。〜夜空と酒場
 
万年草(まんねんぐさ)を売りに出ていた、植木屋の爺々(じじい)を僕は憶う。〜夜 店
 
ポロリ、ポロリと死んでゆく。みんな別れてしまうのだ。〜(ポロリ、ポロリと死んでゆく)
 
アババババ、アババババ、〜(七銭でバットを買って)
 
チェッ、結構な佃煮(つくだに)だい。〜(それは一時の気の迷い)
 
チュウインガムも噛みたくはない。〜(南無 ダダ)
 
貯金帳を振り廻(まわ)して、永遠に走ろう 〜(頭を、ボーズにしてやろう)
 
カワイラチイネ、〜嬰 児
 
チャッチャつぎませコップにビール 〜青木三造
 
立っているのは、材木ですじゃろ、〜材 木
 
女はみんな瓜だなも。〜幻 想
 
キャラメル食べて ゴムマリは、ギッタギダギダ 〜修羅街挽歌 其の二
 
トタン屋根と桜花とのチャンポンである。〜(とにもかくにも春である)
 
太っちょの、船頭の女房は、かねぶんのような声をしていた。〜夏の記臆
 
象の目玉の、汽笛鳴る。〜童 謡
 
俺はおもちゃで遊ぶぞ 一生懸命おもちゃで遊ぶぞ 〜玩具の賦
 
雀の声は生唾液(なまつばき)に似ていた。〜夜明け
 
お葱(ねぎ)が欲しいと思いました 〜朝
 
「夜は早く寝て、朝は早く起きる!」〜咏嘆調
 
ヒラヒラと舞う小妖女(フェアリー)に 〜秋岸清凉居士
 
僕の眼も青く、大きく、哀れであった。〜(汽笛が鳴ったので
 
あなたはそんなにパラソルを振る 〜別 離
 
開いて、いるのは、あれは、花かよ? 〜(なんにも書かなかったら)
 
噛(か)んでやれ。叩いてやれ。吐き出してやれ。〜初恋集
 
僕は僕が破裂する夢を見て目が醒(さ)めた。〜(秋の夜に)
 
ウー……と、警笛が鳴ります、ウウウー……と 〜十二月(しわす)の幻想
 
ソーダ硝子(ガラス)のような眼と唇とを持つ男、〜さまざまな人
 
女よ、美しいものよ、私の許(もと)にやっておいでよ。〜女 よ
 
ポイ と音(おと)して唾(つば)とんでった 〜大島行葵丸にて
 
耳ゴーと鳴って、柚子酸(ゆずす)ッぱいのです 〜断 片
 
つやがー出る、つやがー出る 〜(丘の上サあがって、丘の上サあがって)
 
たんたら、らららら、雨が、降る。〜雨が降るぞえ
 
唱歌教室で先生が、オルガン弾いてアーエーイー、〜夏と悲運
 
汽車が速いのはよろしい、許す! 〜(嘗てはランプを、とぼしていたものなんです)
 
その殻は割れ 中より実 はみだせ! 〜(不気味な程の静寂…)
 
 

<スポンサーリンク>

« 中原中也のオノマトペ<31選> | トップページ | 詩集「山羊の歌」(インデックス) »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー