ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 秋闌ける野にて | トップページ | 去年今頃の歌 »

冬の日暮るる頃

 
82 玄関に夕刊投げし音のしぬ街道静かに夕せまる頃
83 吹雪する夕暮頃の路ゆけば農家の燈(あかり)見えずさびしも
84 一つ一つ軒の灯火(ともしび)ともりつつ雪ピッタリと止みにけるかも
85 一筋の路に添いたつ電柱の多くはみえず雪降れば寂し
86 ひねもすを鳴き疲かれたる鳥一羽夕の空をひたに飛びゆく
87 冬空の夕べ飛びゆく鳥の声野に立ちきけばさびしさのわく
88 湯を出でて心たらえり何もかも落ち付きはらう心なるかも
89 さびれたる冬野の中をうねりうねる畦路(あぜみち)遠く雪おける見ゆ

90 舟人の帆を捲く音の夕空にひびき消えゆき吾(われ)内に入る
 

« 秋闌ける野にて | トップページ | 去年今頃の歌 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー