カテゴリー

« (形式整美のかの夢や) | トップページ | (とにもかくにも春である) »

(風が吹く、冷たい風は)

 
      ▲

風が吹く、冷たい風は
窓の硝子(ガラス)に蒸気を凍りつかせ
それを透かせてぼんやりと
遠くの山が見えまする汽車の朝

僕の希望も悔恨も
もう此処(ここ)までは従(つ)いて来ぬ
僕は手ぶらで走りゆく
胸平板(むねへいばん)のうれしさよ

昨日は何をしたろうか日々何をしていたろうか
皆目僕は知りはせぬ
胸平板のうれしさよ

(汽車が小さな駅に着いて、散水車がチョコナンとあることは、
小倉(こくら)服の駅員が寒そうであることは、幻燈風景
七里結界に係累はないんだ)
 

<スポンサーリンク>


ひとくちメモ

(形式整美のかの夢や)と

(風が吹く、冷たい風は)と

(とにもかくにも春である)の3作品は

はじめ一つの作品と考えられていましたが

新全集編集で再検討された結果

それぞれ独立した詩篇になりました。

このような理由で

3作品にはいくつかの共通点があり

なかでも目立つのが

いずれもが

▲で節を区切っていることです。

これは

この3作がはじめ連作詩として構想されていた結果と

解釈されています。

連作詩であるからには

内容や形式などに

なんらかの共通性があるものですが

その一つが▲での区切りなのです。

(風が吹く、冷たい風は)は

冷たい風が吹きつける窓ガラスは

蒸気が凍って

うっすら白くかすんでいて

遠くの山が

そのガラス窓を透かしてぼんやり見える朝に

汽車に乗って

どれほどの距離を走ってきたものでしょうか

はるばる旅をしてきて

希望とか悔恨とか

常日頃の一喜一憂も

さすがについて来ないので

手ぶらで走っているように爽快で

胸の中にはすっからかんの嬉しさ

――というようなことを歌いますが

やがて汽車は

小倉の駅に着き

散水車がチョコンと置かれ

小倉服の駅員が寒そうにしているのが見えると

幻燈風景七里結界に係累はないんだ

(娑婆に一族同胞なんていないものさ)

――ということを思い知って

少しは寂しくなりました、と

結ばれて終わる作品です。

(形式整美のかの夢や)の「風寒み」と

(とにもかくにも春である)の「寒かつた」と

(風が吹く、冷たい風は)の

「小倉服の駅員が寒そうにしている」と

「寒」の字のつながりが

気がかりな連作です。

 

<スポンサーリンク>

« (形式整美のかの夢や) | トップページ | (とにもかくにも春である) »

未発表詩篇〜草稿詩篇(1933年~1936年)」カテゴリの記事