無料ブログはココログ
2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

最近のコメント

カテゴリー

« (バルザック) | トップページ | (古る摺れた) »

2012/04/04

(ダック ドック ダクン)

 
ダック ドック ダクン
チェン ダン デン
ピー ……
フー ……
ボドー……

弁当箱がぬくもる

工場の正午は
鉄の先端で光が眠る
 

▶音声ファイル(※クリックすると音が出ます)

<スポンサーリンク>


ひとくちメモ

Dig―Dug―Duggen

いや、こんなのなかった

Dig―Dug―Dugです。

 

I―My―Me―Mine

You―Your―You―Yours

いやいや、こっちのほうじゃないでしょう。

 

Dig―Dog―Duck

ディッグ―ドッグ―ダック

掘れ―犬―あひる

これですかねえ?

 

いやいやいや

英語じゃなくて

おまじないかな。

 

チエン―ダン―デンは

中国語?

ドイツ語?

 

ビーフーボドーは

フランス語?

 

チョンザイチョンザイビーフービーなら

昭和9年(1934年)に「ピチベの哲学」に

書きますが……

 

分かろうとして

あまり無気になることは

ないです

感じていれば

いいです。

 

弁当箱を

教室の

ダルマストーブであっためる時間になりました

もうすぐ

お昼休みです。

 

工場は学校

学校も工場も同じです。

正午を告げるサイレンが鳴り渡り

鉄つまり機械の先っぽに

(学校の机の上に)

太陽の光があたって

とろけるような

昼寝の時間がやってきました。

 

英語の授業は

間もなく

終わります。

 

<スポンサーリンク>

« (バルザック) | トップページ | (古る摺れた) »

未発表詩篇〜ノート1924(1924年〜1928年)」カテゴリの記事