ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 消えし希望 | トップページ | 夏 »

追 懐

 
あなたは私を愛し、
私はあなたを愛した。

あなたはしっかりしており、
わたしは真面目であった。――

人にはそれが、嫉(ねた)ましかったのです、多分、
そしてそれを、偸(ぬす)もうとかかったのだ。

嫉み羨(うらや)みから出発したくどきに、あなたは乗ったのでした、
――何故(なぜ)でしょう?――何かの拍子……

そうしてあなたは私を別れた、
あの日に、おお、あの日に!

曇って風ある日だったその日は。その日以来、
もはやあなたは私のものではないのでした。

私は此処(ここ)にいます、黄色い灯影に、
あなたが今頃笑っているかどうか、――いや、ともすればそんなこと、想っていたりするのです
 
         (一九二九・七・一四)
 

<スポンサーリンク>


ひとくちメモ

さうしてあなたは私を別れた、

あの日に、おお、あの日に!

曇つて風ある日だつたその日は。その日以来、

もはやあなたは私のものではないのでした。

「追懐」は

第5連、第6連で

長谷川泰子が

小林秀雄のもとへと去った日を

まず、あの日、

次に、その日、と歌い

もはや過去のことながら

あなたが今頃笑つてゐるかどうか、

などと思い出してしまう

私=詩人の現在を歌います。

もちろん詩に

個人名は現れません。

あなたが泰子で

人が小林で

私(わたし)が中原中也であることは

だれもが想像できることですが

内容がリアル過ぎたためか

当時に作品は

発表されませんでした。

現在このようにして

この詩が読めるということが

著作権とか

時効であるとか

公人であることからとか

法律方面から説明されるようですが

実際は

角川版新旧全集に「未発表詩篇」が

編集されたからにほかなりません。

個人情報とか

プライバシーとか

というよりも

文学作品としての価値が認められ

いはば公共財として

だれにも読める状態になりました。

中原中也=長谷川泰子=小林秀雄の三角関係は

稀有(けう)のようでありながら

ありふれたことでもあり

その意味で

三角関係の一つの原型を提示していますから

多くの人がこぞって

その物語を紐解こうともするのです。

昭和4年(1929年)7月14日の制作

ということは

あの日、大正14年(1925年)11月から

3年8か月が経過しています。

この頃

詩人と小林は絶交状態にあり

泰子と詩人は京都に旅行する関係にありました。

小林が泰子と別れたのは

昭和3年(1928年)5月のことです。

この頃詩人は

同人誌とはいえ自らの裁量がきく「白痴群」に

泰子を歌った恋愛詩

「詩友に」(創刊号、後の「無題」第3節)

「盲目の秋」(第6号)

「時こそ今は……」(同)

などを

次々に発表するのです。

 

<スポンサーリンク>

« 消えし希望 | トップページ | 夏 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー