ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« (鹿がいるということは) | トップページ | (よくはれたれど) »

(夏が来た)

 
夏が来た。
空を見てると、
旅情が動く。

僕はもう、都会なんぞに憧れはせぬ。
文化なんぞは知れたもの。
然(しか)し田舎も愛しはえせぬ、
僕が愛すは、漂泊だ!

「生活」か?
そんなものなぞあろうた思わぬ。
とんだ美事な美辞に過ぎまい。

どうせ理念もへちまもないのだ、
ただただ卑猥(ひわい)があるばかり
それとも気取りがあるばかり。
 僕はもう、十分倦(あ)き倦きしている!

   夏が来た。
   空を見てると、
   旅情が動く。

「生活」とやらが……聞いてあきれる。
  
        (一九三六・六・三〇)
 

<スポンサーリンク>

« (鹿がいるということは) | トップページ | (よくはれたれど) »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー