ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« マルレネ・ディートリッヒ | トップページ | (ナイヤガラの上には、月が出て) »

秋の日曜

 
私の部屋の、窓越しに
みえるのは、エヤ・サイン
軽くあがった 二つの気球

青い空は金色に澄み、
そこから茸(きのこ)の薫(かお)りは生れ、
娘は生れ夢も生れる。

でも、風は冷え、
街はいったいに雨の翌日のようで
はじめて紹介される人同志はなじまない。

誰もかも再会に懐(なつか)しむ、
あの貞順(ていじゅん)な奥さんも
昔の喜びに笑いいでる。
 

▶音声ファイル(※クリックすると音が出ます)

<スポンサーリンク>

 

ひとくちメモ

「早大ノート」(1930〜1937)の
終わりの方にある
「秋の日曜」。

詩人は、
渋谷区山谷、というのは、
小田急線南新宿駅近くの
小田急電鉄本社の隣りあたりに
住んでいたことがあり、
この家の部屋から
三越か伊勢丹か
新宿の百貨店の屋上に揺れる
アドバルーンを
目にすることがありました。

千駄ヶ谷も渋谷区ですが
ここにも住んでいたことがあり、
ここからも
新宿や渋谷のアドバルーンは見えたはずですが、
あるいは、
渋谷区神山に住んでいたこともあり、
ここからも、
渋谷東横デパート屋上のアドバルーンは
見えたかも知れません。

第2連

青い空は金色に澄み、
そこから茸(きのこ)の薫りは生れ、
娘は生れ夢も生れる。

これは、
秋の景色でありましょう。
一点の翳(かげ)りもない
秋の、ある日曜日の空に
二つのアドバルーンが
ゆらりゆらり……。

その冴え渡った日の
風は冷たく、
雨上がりの日のようで
どうも
初対面の人同士
簡単に気安く馴染めるものではないなあ、と
デリケートな心持ちを
歌っています。

冴え冴えとした秋晴れであるがゆえに、
見知らぬものと
容易にはうち解けられない……。

すでに見知ったものとの再会なら
容易なのですが
あの貞淑そうな奥さまでさえ
少し昔のことを思い出しては
笑っている、
そのような秋の日です。

 

« マルレネ・ディートリッヒ | トップページ | (ナイヤガラの上には、月が出て) »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー