ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 無 題 | トップページ | 春の雨 »

浮 浪

 
私は出て来た、
街に灯がともって
電車がとおってゆく。
今夜人通も多い。

私も歩いてゆく。
もうだいぶ冬らしくなって
人の心はせわしい。なんとなく
きらびやかで淋しい。

建物の上の深い空に
霧(きり)が黙ってただよっている。
一切合切(いっさいがっさい)が昔の元気で
拵(こしらえ)えた笑(えみ)をたたえている。

食べたいものもないし
行くとこもない。
停車場の水を撒(ま)いたホームが
……恋しい。
 

▶音声ファイル(※クリックすると音が出ます)

<スポンサーリンク>


ひとくちメモ

昭和2、3年頃

中原中也は

初めての自選詩集を発行する計画に力を注ぎ

いくつかの詩を原稿用紙に清書しました。

「浮浪」は

そのときに清書された原稿の一つで

昭和2年(1927年)晩秋の制作と

推定されている作品です。

食べたいものもないし 

行くとこもない。 

停車場の水を撒いたホームが 

……恋しい。

東京の街を

友人知人を頼りに

歩き迷った詩人ですが

貧乏過ぎてひもじい思いをしているわけでもなく

心うちとける友人知人が数多(あまた)いるわけではなく

富永太郎が亡くなり

長谷川泰子に逃げられ

小林秀雄との「奇怪な三角関係」は継続し

……

新しく知った友人知人の

思い当たるところには

手当たり次第行って

目当ての相手に会えれば

とことん飲み

とことん話し込む

……
 

というような暮らしは

「大正十二年より昭和八年十月迄、毎日々々歩き通す。読書は夜中、朝寝て正午頃起きて、それより夜の十二時頃迄歩くなり。」

と、後に

「詩的履歴書」に書いた通りに

この頃の詩人の日常でした。

中原中也の詩の多くが

歩いた結果に作られ

歩くことが詩を作ることであり

歩くことが詩であるという

「歩く詩人」である由来はここにありますが

この詩には

望郷の思いが告白されていて

目を引きます。

「浮浪」は

歩くことを

もろに歌った詩であり

それも

早い時期の作品であり

なおかつ

この詩が

未完に終わった第一詩集に選ばれていたということは

銘記しておきたい第一のことです。

結果的には

ようやく昭和9年(1934年)になって

「山羊の歌」が公刊され

これが第一詩集となるのですが

昭和2年から3年の間に計画され、

公刊に至らなかった幻の詩集に

選ばれた作品をすべて列挙しますと

「夜寒の都会」

「春と恋人」

「屠殺所」

「冬の日」

「聖浄白眼」

「詩人の嘆き」

「処女詩集序」

「秋の夜」

「浮浪」

「深夜の思ひ」

「春」

「春の雨」

「夏の夜」

の13篇です。

この中のいくつかは

「山羊の歌」にも収められますが

この13篇のほかに

「愛の詩」と

彫刻家・高田博厚が呼んだ

詩の一群があり

この一群も幻の詩集を構成していたものと

推測されています。

「これは誰にも見せない、あいつにも見せないんだけど、僕が死んだら、あいつに読ませたいんです。」(高田博厚「中原中也」「人間の風景」)

と言って、

中原中也が高田に渡した詩篇が

どれであるかは特定されていませんが

「あいつ」とはいうまでもなく

長谷川泰子のことで

この「愛の詩」が

泰子を歌った詩である可能性は高く

後に

「山羊の歌」に選ばれる恋愛詩も

この「愛の詩」と同じものなのかも知れず

興味は尽きません。

 
 

<スポンサーリンク>

« 無 題 | トップページ | 春の雨 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー