ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 不可入性 | トップページ | (風船玉の衝突) »

(天才が一度恋をすると)

 
天才が一度恋をすると
思惟(しい)の対象がみんな恋人になります。
御覧なさい
天才は彼の自叙伝を急ぎそうなものに
恋愛伝の方を先に書きました
 

▶音声ファイル(※クリックすると音が出ます)

<スポンサーリンク>


ひとくちメモ

4番目の
(天才が一度恋すると)は
詩人によるタイトルは付けられてなくて
未完の詩です。
 
断片といってもよい
完成されていない
息のようなもの。
 
詩人は
やがて
この呼吸の一息(ひといき)を
詩の切れ屑(きれくず)と呼んで
散歩の目的にします。
 
今はまだ
そのような切迫さに
追われているとはいえませんが
断片には
むき出しになる
詩の原形が見られます。
 
ここに歌われている
恋とかは
もうすでに
詩人の未来の恋を
自ら予言するものであるかの
伝記の序章のようです。
 
詩人は
やがて
恋愛詩の絶唱を
数多く歌うことになるのですが
それは
自叙伝のように
過去のことや
のんびりしたものや
家族のことなどを含まない
今のことについてばかりの
日記のようなものになりました。
 
考えることが
なんでもかんでも
泰子につながっていってしまうのです。
 
 

<スポンサーリンク>

« 不可入性 | トップページ | (風船玉の衝突) »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー