ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 春の夕暮 | トップページ | (題を附けるのが無理です) »

幼き恋の回顧

 
幼き恋は
燐寸(マッチ)の軸木(じくぎ)
燃えてしまえば
あるまいものを

寐覚(ねざ)めの囁(ささや)きは
燃えた燐(りん)だった
また燃える時が
ありましょうか

アルコールのような夕暮に
二人は再びあいました――
圧搾酸素(あっさくさんそ)でもてている
恋とはどんなものですか
その実(じつ)今は平凡ですが
たったこないだ燃えた日の
印象が二人を一緒に引きずってます
何(なん)の方(ほう)へです――
ソーセージが
紫色に腐れました――
多分「話の種」の方へでしょう
 

▶音声ファイル(※クリックすると音が出ます)

<スポンサーリンク>


ひとくちメモ

 

幼い日の恋にも

大人の恋と似て

マッチを擦るような

はかなさがあったものでしたっけ?

残った軸木が

炭素になって

地面の上で風に揺れていた光景なんて

そういえば

夏の夜に

花火遊びをした後の

祭りの後の寂しさとして

手に取るように

目に焼きついているものです。

だれにも!

青春の祭りも

もっと

爛熟した年頃の火遊びのお仕舞いも

きっと

老いらくの恋でさえも

祭りの後の寂しさは

同じようなものかもしれません。

「幼き恋の回顧」は

詩人17歳

青春の盛りに

昨日のことを

幼き恋として回顧しては

なくなりそうな恋が

ふたたび燃えあがっては

また消えて……

寝覚めの会話は

燃えカスみたい

繰り返しのアンニュイさえ漂うけど

また燃える時がくるのでしょうか。

それでも

揮発してなくなりそうな

夕べが訪れると

二人は

また会いました。

圧搾酸素でもっている恋って

どんなものだかご存知でしょうか。

実はいま平凡なのですが

この間燃えたばかりの勢いが

二人を一緒にひっぱっていきます。

ナニの方にね――。

ソーセージは、肉体

紫色は、燃え盛ること

「話の種」は、尽きないおしゃべり……

隠喩のつもりが

曲がり損ねた

変化球になって

すっぽ抜けました。
 

 

<スポンサーリンク>

« 春の夕暮 | トップページ | (題を附けるのが無理です) »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー