ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 道修山夜曲 | トップページ | 雨の朝 »

ひからびた心

 
ひからびたおれの心は
そこに小鳥がきて啼(な)き
其処(そこ)に小鳥が巣を作り
卵を生むに適していた

ひからびたおれの心は
小さなものの心の動きと
握(にぎ)ればつぶれてしまいそうなものの動きを
掌(てのひら)に感じている必要があった

ひからびたおれの心は
贅沢(ぜいたく)にもそのようなものを要求し
贅沢にもそのようなものを所持したために
小さきものにはまことすまないと思うのであった

ひからびたおれの心は
それゆえに何はさて謙譲(けんじょう)であり
小さきものをいとおしみいとおしみ
むしろその暴戻(ぼうれい)を快(こころよ)いこととするのであった

そして私はえたいの知れない悲しみの日を味(あじわ)ったのだが
小さきものはやがて大きくなり
自分の幼時を忘れてしまい
大きなものは次第(しだい)に老いて

やがて死にゆくものであるから
季節は移りかわりゆくから
ひからびたおれの心は
ひからびた上にもひからびていって

ひからびてひからびてひからびてひからびて
――いっそ干割(ひわ)れてしまえたら
無の中へ飛び行って
そこで案外安楽(あんらく)に暮せらるのかも知れぬと思った
 

▶音声ファイル(※クリックすると音が出ます)

<スポンサーリンク>


ひとくちメモ

「ひからびた心」は
「文芸懇話会」の昭和12年4月号に発表された
昭和12年(1937年)3月16日制作の作品です。
 
昭和12年3月16日の日記に
「文芸懇話会に原稿発送」とあることから
制作日が推定されたものですが
この日付が
中村古峡療養所を退院した日である
同年2月15日より後であり
四谷・市ヶ谷から鎌倉へ引っ越した
2月27日よりも後であることに心引かれます。
 
長男・文也の死以降に
各誌へ発表した詩のほとんどが
旧作の改稿だったところ
この「ひからびた心」は
どうやら新作書き起こしらしいということが
分かってきました。
 
「道修山夜曲」のように
最近発見された作品で
それが
新作書き起こしであったことが
最近になってわかったというケースもありますが
「ひからびた心」は
新作であるというその上に
文也の死に直接触れている内容を持つ点で
耳目をそばだてずにはいられないものがあります。
 
つまり
単なる新作書き下ろしなのではありません。
 
そもそも
中村古峡療養所へ入院を余儀なくされたのは
長男・文也の突然の死が原因でしたし
このころ各誌に発表していた作品が
新作ではなく
旧作を改めたものだった理由も
文也死亡の衝撃からでした。
 
その衝撃のために
詩人は
詩を新たに創り出すエネルギーを
失っていたとさへいえる状態でしたが
いま、ここに
新作を作り
その中で
文也の死を歌おうと試みたのでした。
 
はじめ
 
ひからびたおれの心は
そこに小鳥がきて啼き
其処(そこ)に小鳥が巣を作り
卵を生むに適してゐた
 
文也は
小鳥として
詩人に現れて
 
ひからびた詩人の心を
なぐさめるものとして
存在し
 
……
 
やがては
無の中に飛んでいって
そこで
案外安楽に暮せるかもしれない
と夢想するのは
詩人です。
 
無の中に飛んでいく
とは
死ぬということ
 
自ら死ぬ
自殺するということを
意味しています。
 
ここのところは
「春日狂想」の冒頭行の
「愛するものが死んだ時には、自殺しなけあなりません」
につながっています――。
 
「春日狂想」は
「ひからびた心」が作られて
1週間後の3月23日に
作られました。
 
 

<スポンサーリンク>

« 道修山夜曲 | トップページ | 雨の朝 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー