ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« (暮れゆく森は風を凪ぎ) | トップページ | (元気です――) »

(不気味な程の静寂…)

 
《不気味な程の静寂……
どんな嵐を呼ぶのやら
どんな嵐も呼ばないのやら
私は私の生涯の
決定的な時期が今と知りながら
(何故なら私は壁につき当たっているから)
それがそうだと分るだけで
そのほか何にも分りません
記憶は過去に澎湃(ほうはい)し
素材としてのみ澎湃し
それらが何の感情を
そそるでもない此のわたくしに
ある感情とては肉親の愛
それから羞恥の情くらい……
なんとみじめなことじゃやら
とはいえ嘆きもならぬ心
私は鬼かはた何か――
何か彼(かに)かは知らねども
エイ、役が欲し、役が欲し!
仕事が欲しいと云うのじゃイ!》

幻想
その殻は割れ
中より実 はみだし

その殻は割れ
中より実 はみだせ!

    ※

(私(わたくし)よ、黙れというに!)

       (一九三五・一〇・六)
 

<スポンサーリンク>

« (暮れゆく森は風を凪ぎ) | トップページ | (元気です――) »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー