ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« ゆきてかえらぬ | トップページ | 幻 影 »

一つのメルヘン

 
秋の夜(よ)は、はるかの彼方(かなた)に、
小石ばかりの、河原があって、
それに陽は、さらさらと
さらさらと射しているのでありました。

陽といっても、まるで硅石(けいせき)か何かのようで、
非常な個体の粉末のようで、
さればこそ、さらさらと
かすかな音を立ててもいるのでした。

さて小石の上に、今しも一つの蝶がとまり、
淡い、それでいてくっきりとした
影を落としているのでした。

やがてその蝶がみえなくなると、いつのまにか、
今迄(いままで)流れてもいなかった川床に、水は
さらさらと、さらさらと流れているのでありました……

 

▶音声ファイル(※クリックすると音が出ます)

<スポンサーリンク>

 

ひとくちメモ

秋の夜なのに

陽が射している

そのうえ

蝶さえ飛んできた

小石しか見当たらない河原。

さらさらと射す

という不思議な詩句。

さらさら、は

普通なら

粉のようなもの

砂のようなものの

乾いたイメージを表す

擬音語・擬態語なのに

太陽の光の降り注ぐ様を

さらさら射す、と

言い表す。

光がさらさら

音がさらさら

水がさらさら

不思議な詩です。

いつ読んでも

新鮮な気持ちになり

洗われるのは

なぜでしょう。

ひょっとして

死のイメージの

安らかさが

よぎるからでしょうか――。

小石ばかりの、河原があつて、

……の1行が喚起する

生物のいない河原のイメージはなんだろう。

陽が硅石のようでもあり

個体の粉末のようでもあり

……

そこへ、1匹の蝶が

飛んできて起こる

革命!

河原が息を吹き返します。

大岡昇平のいうように

「異教的な天地創造神話」

とまで読むには及びませんが……。

それまで流れていなかった

川の水が

いつしか流れ出し

こんどは

その水が

さらさらと流れるきっかけには

一匹の蝶が

どこからともなくやってきて

どこへともなく飛んで行く

というのは

やはりメルヘン……。

ほかにも

いくつかの謎があります。

その謎を謎として

味わっていると

また謎が生まれ……

その謎の中にあることが

詩を味わうという至福の時間であるなら

ずっとその謎の中にありたい――。

といえるような詩です。

 

 

« ゆきてかえらぬ | トップページ | 幻 影 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー