ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« つみびとの歌 | トップページ | 修羅街輓歌 »

 

   1

昨日まで燃えていた野が
今日茫然として、曇った空の下につづく。
一雨毎(ひとあめごと)に秋になるのだ、と人は云(い)う
秋蝉(あきぜみ)は、もはやかしこに鳴いている、
草の中の、ひともとの木の中に。

僕は煙草(たばこ)を喫(す)う。その煙が
澱(よど)んだ空気の中をくねりながら昇る。
地平線はみつめようにもみつめられない
陽炎(かげろう)の亡霊達が起(た)ったり坐(すわ)ったりしているので、
――僕は蹲(しゃが)んでしまう。

鈍い金色を滞びて、空は曇っている、――相変らずだ、――
とても高いので、僕は俯(うつむ)いてしまう。
僕は倦怠(けんたい)を観念して生きているのだよ、
煙草の味が三通(みとお)りくらいにする。
死ももう、とおくはないのかもしれない……
 
   2

『それではさよならといって、
みょうに真鍮(しんちゅう)の光沢かなんぞのような笑(えみ)を湛(たた)えて彼奴(あいつ)は、
あのドアの所を立ち去ったのだったあね。
あの笑いがどうも、生きてる者のようじゃあなかったあね。

彼奴(あいつ)の目は、沼の水が澄(す)んだ時かなんかのような色をしてたあね。
話してる時、ほかのことを考えているようだったあね。
短く切って、物を云うくせがあったあね。
つまらない事を、細かく覚えていたりしたあね。』

『ええそうよ。――死ぬってことが分っていたのだわ?
星をみてると、星が僕になるんだなんて笑ってたわよ、たった先達(せんだって)よ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たった先達よ、自分の下駄(げた)を、これあどうしても僕のじゃないっていうのよ。』

   3

草がちっともゆれなかったのよ、
その上を蝶々(ちょうちょう)がとんでいたのよ。
浴衣(ゆかた)を着て、あの人縁側に立ってそれを見てるのよ。
あたしこっちからあの人の様子 見てたわよ。
あの人ジッと見てるのよ、黄色い蝶々を。
お豆腐屋の笛が方々(ほうぼう)で聞えていたわ、
あの電信柱が、夕空にクッキリしてて、
――僕、ってあの人あたしの方を振向(ふりむ)くのよ、
昨日三十貫(かん)くらいある石をコジ起しちゃった、ってのよ。
――まあどうして、どこで?ってあたし訊いたのよ。
するとね、あの人あたしの目をジッとみるのよ、
怒ってるようなのよ、まあ……あたし怖かったわ。

死ぬまえってへんなものねえ……

▶音声ファイル(※クリックすると音が出ます)

<スポンサーリンク>

 

<ひとくちメモ>

「みちこ」の章の次は

「秋」の章で、

5篇の作品が

配されています。

章と同じタイトルの「秋」という作品は

「死」を扱っていて

妙にリアルです。

「汚れっちまった悲しみに……」第3連第4行の

「倦怠のうちに死を夢む」が

ここに突如よみがえったかのようです。

そのイメージが具体化され……。

終わりでは蝶々が

詩集「在りし日の歌」の「一つのメルヘン」へ

続くかのように

草の上を飛んでゆきます。

死んでしまったぼくを

もう一人のぼくが見ている。

見ているのはぼくのほかにもう一人

泰子らしき女性です。

二人が会話し

逝ったぼくを思い出す

そういう構造になっています。

第1連

昨日まで灼熱の陽に燃えていた野原が

今日はぼおーっとして

曇り空の下に続いている。

一雨ごとに秋になるのだ

と世間の人は言う。

秋蝉が、すでにあちこちで鳴いている、

草原の、一本の木立ちの中でも鳴いている。

ぼくが煙草を吸うと

煙が澱んだ空気の中を揺られて昇ってゆく。

地平線は目を凝らしても見ることができない

陽炎の亡霊たちが

立ったり座ったりせわしないので

ぼくは、しゃがみ込んでしまう。

不気味なイメージに

中也独特のリアルさがにじみます。

空は、鈍い金色に曇っている

相変わらず!

とても高いので、ぼくはうつむいてしまう

ぼくは、倦怠を観念して生きているんだよ

煙草の味は三通りほどあるのさ

死というやつも、そんなに遠いものじゃないかもしれない

第2連は会話

それではさよなら、と言って

妙に真鍮の光沢みたいなはっきりした笑みをたたえて

あいつは

あのドアのところから立ち去って行ったんだよな

あの笑いからしてがどうも、

生きている者のようじゃなかったんだよ

あいつの目は

沼の水が澄んだ時かなんかのように

おそろしく冷たく光っていたよ

話している時も、他のことを考えているようだったさ

短く切って、ものを言う独特のクセがあったさ

つまらないことを、くどくど覚えていたよなあ

そうね

死ぬってこと分かっていたのよ

星を見ていると

星がぼくになるんだなんて言って

笑っていたわ

ついさっきのことよ

…………

ついさっきよ、

自分の下駄を、これはぼくのじゃないって言い張るのよ

第3連は女の独白

草がちっとも揺れなかったのよ

その上を蝶々が飛んでいったのよ

浴衣を着て、あの人、縁側に立って、それを見ているのよ

あたしはこっちからあの人の様子を見てたの

あの人、じっと見てるのよ、黄色い蝶々を。

豆腐屋さんの笛が方々で聞こえていたわ

あの電信柱が、夕空にくっきり見えて

ぼく、って言って、あの人あたしの方を振り向くのよ

きのう30貫くらいある石をこじあげちゃった、って言うのよ

まあ、どうして? どこで?って、わたし聞いたのよ

するとね、あの人、あたしの目をじっと見るのよ

怒っているようなのよ、まあ

あたし、怖かった

死ぬ前って、変なものねえ……

« つみびとの歌 | トップページ | 修羅街輓歌 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー