ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 雲 雀 | トップページ | 北の海 »

初夏の夜

 
また今年(こんねん)も夏が来て、
夜は、蒸気(じょうき)で出来た白熊が、
沼をわたってやってくる。
――色々のことがあったんです。
色々のことをして来たものです。
嬉(うれ)しいことも、あったのですが、
回想されては、すべてがかなしい
鉄製の、軋音(あつおん)さながら
なべては夕暮迫(せま)るけはいに
幼年も、老年も、青年も壮年も、
共々に余りに可憐(かれん)な声をばあげて、
薄暮の中で舞う蛾(が)の下で
はかなくも可憐な顎をしているのです。
されば今夜(こんや)六月の良夜(あたらよ)なりとはいえ、
遠いい物音が、心地よく風に送られて来るとはいえ、
なにがなし悲しい思いであるのは、
消えたばかしの鉄橋の響音(きょうおん)、
大河(おおかわ)の、その鉄橋の上方に、空はぼんやりと石盤色(せきばんいろ)であるのです。
 

▶音声ファイル(※クリックすると音が出ます)

<スポンサーリンク>

 

ひとくちメモ

詩集「在りし日の歌」の29番目に

「初夏の夜」はあります。

29番目という位置は

「蛙声」が58番目で最後ですから、

丁度、真ん中に置かれた詩ということになります。

「文学界」の昭和10年(1935年)8月号に発表され、

制作は、同年6月6日であることがわかっています。

この日付の前後に詩人は、

東京に出てから何回目かになる

引越しをしていますから、

その状況が、詩に反映されているのかもしれません。

しかし、そんな状況を知らなくても、

作品は十分に味わうことが可能です。

回想されては、すべてがかなしい

第7行の、この1行に

この詩は、向かい、

周りを回り、

ぐるっと回って、

また、戻ってくる、

そういう形の詩です。

冒頭の1~3行

また今年(こんねん)も夏が来て、

夜は、蒸気で出来た白熊が、

沼をわたつてやつてくる。

この中の

蒸気で出来た白熊とは

回想の中身のことです。

色々、思い出されて、かなしいのですが、

その色々の中身のことを、

蒸気で出来た白熊

と表現したのです。

終わりのほうで、

遠いい物音、とあるのも、

回想の中身を、

聴覚的に表したものでしょう。

それら、色々な回想が、

6月、初夏の夜の、

心地よい風に乗って運ばれてくるのではありますが、

なんだか悲しいのは

今、行ったばかりの列車の轟音が

消えていって、

鉄橋の向うの、上の空が

うっすら青黒く、

あまりに美しい色合いだからです……。

 

 

« 雲 雀 | トップページ | 北の海 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー