ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 雪の宵 | トップページ | 時こそ今は…… »

生い立ちの歌

 
   Ⅰ

    幼 年 時
私の上に降る雪は
真綿(まわた)のようでありました

    少 年 時
私の上に降る雪は
霙(みぞれ)のようでありました

    十七〜十九
私の上に降る雪は
霰(あられ)のように散りました

    二十〜二十二
私の上に降る雪は
雹(ひょう)であるかと思われた

    二十三
私の上に降る雪は
ひどい吹雪(ふぶき)とみえました

    二十四
私の上に降る雪は
いとしめやかになりました……

   Ⅱ

私の上に降る雪は
花びらのように降ってきます
薪(たきぎ)の燃える音もして
凍(こお)るみ空の黝(くろ)む頃

私の上に降る雪は
いとなよびかになつかしく
手を差伸(さしの)べて降りました

私の上に降る雪は
熱い額(ひたい)に落ちもくる
涙のようでありました

私の上に降る雪に
いとねんごろに感謝して、神様に
長生(ながいき)したいと祈りました

私の上に降る雪は
いと貞潔(ていけつ)でありました
 

▶音声ファイル(※クリックすると音が出ます)

<スポンサーリンク>

 

<ひとくちメモ>

ここで詩人は

自己の履歴を

幾分かまとめて明らかにします。

詩人としてのスタンスを述べることを

中原中也は

折りあるごとに行ってきましたが

この詩もその流れのものでしょう。

自己の歴史を

「私の上に降る雪は」と

雪の形態・姿態の変容に結びつけて

回顧します。

雪のメタファー

とでもいうべきレトリックは

世間へ強い浸透力をもって広まった

「汚れっちまった悲しみに……」もそうでした。

いや、レトリックなどという

技術の領域というより

雪は

中原中也の詩を形づくる

骨格とか血肉とかのようなものの一つです。

第1章で

「私の上に降る雪」は

幼児期 真綿(まわた)

少年時 霙(みぞれ)

十七~十九 霰(あられ)

二十~二十二 雹(ひょう)

二十三 吹雪(ふぶき)

と形容され、

二十四では、いとしめやかになりました……

と、落ち着きます。

第2章に入って

24歳以降の現在の雪の姿態をうたいますが。

ふと

この雪は

泰子のようである

長谷川泰子との時や場所の記憶……

と、自然に感じられてくる

仕掛けに気付きます。

1連

花びらのように

2連

いとなよびかになつかしく

3連

熱い額に落ちもくる

涙のよう

5連

いと貞潔で

ところで

4連は

私の上に降る雪に、と、

雪が主語でなく、

目的語になります。

雪は、感謝の対象になります。

いとねんごろに感謝して

じゅうぶんに感謝して

神様に長生きしたいと祈りました

と、詩句にされないまでも

主語は私=詩人に変わります。

私が雪に感謝するのです。

雪とは

泰子以外にありません。

この詩のポイントは

ここにあります。

「雪の宵」や

「汚れっちまった悲しみに……」の雪に

かすかにただよう甘やかさの元

そこに女性の存在があります。

« 雪の宵 | トップページ | 時こそ今は…… »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー