ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 凄じき黄昏 | トップページ | 悲しき朝 »

逝く夏の歌

 

並木の梢(こずえ)が深く息を吸って、
空は高く高く、それを見ていた。
日の照る砂地に落ちていた硝子(ガラス)を、
歩み来た旅人は周章(あわ)てて見付けた。

山の端(は)は、澄(す)んで澄んで、
金魚や娘の口の中を清くする。
飛んで来るあの飛行機には、
昨日私が昆虫の涙を塗っておいた。

風はリボンを空に送り、
私は嘗(かつ)て陥落(かんらく)した海のことを 
その浪(なみ)のことを語ろうと思う。

騎兵聯隊(きへいれんたい)や上肢(じょうし)の運動や、
下級官吏(かきゅうかんり)の赤靴(あかぐつ)のことや、
山沿(やまぞ)いの道を乗手(のりて)もなく行く
自転車のことを語ろうと思う。

 

▶音声ファイル(※クリックすると音が出ます)

 
<ひとくちメモ>

「帰郷」あたりから
東京を離れたイメージになり
「凄じき黄昏」から今回の「逝く夏の歌」、
「悲しき朝」、「夏の日の歌」、「夕照」へと
どことなく開けた感じの景観風物や自然が
歌われていることに気づきます。
「帰郷」以後の数編は
制作日の順に配列した、というより
詩が喚起するイメージの共鳴を狙って
一つのまとまりをつけたもの、
と見るほうが面白そうです。
「凄じき黄昏」の戦争は
「逝く夏の歌」の
飛行機、陥落、騎兵聯隊、上肢の運動、
下級官吏の赤靴……の戦争へと、すんなりと続いていきます。
そうして、
この詩の主人公は旅人です。
旅人はそして私です。
第1連第1─2行は空
3─4行は旅人
第2連第1─2行は山の
3─4行は私
というように主語が入れ替わり
対をなします。
空が見ます私が見付けます。
山の端が清くします私が塗っておきます。
空が見る
山の端が清くする
ここに戸惑うこともありません。
ごく自然な象徴化です。
第3連
風はリボンを空に送り、
で、視線は転換し
戦争に向かいます。
陥落した海とは
詩人が1歳の時に滞在した旅順、か。
旅順陥落は、
歴史的事件で
むろん詩人は経験しているわけではありません……
記憶にすらありません……。
その戦争の悲惨さを語ろう、というのではなく、
海や、その浪や……、騎兵聯隊や上肢の運動や……、
下級官吏の赤靴のことや
乗り手もなく行く自転車のことを
語ろうと思うのです。
乗り手もなく行く自転車!
ここに私=詩人が語ろうとしている
悲しみのすべてがあります。

« 凄じき黄昏 | トップページ | 悲しき朝 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー