ツイッター

  • 中原中也(bot)
    (詩の全文が読めるリンク付)
  • 「中原中也」に関するツイート

末黒野

中原中也全詩集

  • おすすめ本

広告

中原中也詩集

  • おすすめ本

« 修羅街輓歌 | トップページ | 生い立ちの歌 »

雪の宵

 

        青いソフトに降る雪は
        過ぎしその手か囁きか  白 秋

ホテルの屋根に降る雪は
過ぎしその手か、囁(ささや)きか
  
  ふかふか煙突(えんとつ)煙吐(けむは)いて、
  赤い火の粉(こ)も刎(は)ね上る。

今夜み空はまっ暗で、
暗い空から降る雪は……

  ほんに別れたあのおんな、
  いまごろどうしているのやら。

ほんにわかれたあのおんな、
いまに帰ってくるのやら

  徐(しず)かに私は酒のんで
  悔(くい)と悔とに身もそぞろ。

しずかにしずかに酒のんで
いとしおもいにそそらるる……

  ホテルの屋根に降る雪は
  過ぎしその手か、囁きか

ふかふか煙突煙吐いて
赤い火の粉も刎ね上る。
 

▶音声ファイル(※クリックすると音が出ます)

<スポンサーリンク>

 

<ひとくちメモ>

北原白秋の詩集「思い出」の中の作品

「青いソフトに」は

七五調の4行詩です。

 青いソフトに降る雪は

 過ぎしその手か、ささやきか、

 酒か、薄荷(はっか)か、いつのまに

 消ゆる涙か、なつかしや。

中原中也は、

その冒頭の2行の中の

「青いソフト」を

「ホテルの屋根」と置き換えて

「雪の宵」の導入に使いました。

ホテルに降る雪ならば

かつての帝国ホテルのようなのが

昭和初期にはあったに違いありませんが

今、中也は、

ホテルを眼前にしているわけでもありません。

第6連

徐かに私は酒のんで

悔と悔とに身もそぞろ。

ここが、現在なのです。

またしても

ひとり酒……。

いまごろどうしているのやら

いつかは帰ってくるのかなあ、と

酒をグイっとやっては

煙草をプカプカ……。

酔いが回るにつれ

つい、泰子への追憶にひたります。

「汚れっちまった悲しみに……」の雪のように

ここでも、雪は

やわらかい!

ほのかな熱があり

冷たいだけの雪ではありません。

雪は冷たいのですが

なぜか、冷たいだけの雪ではないのです。

その上

ふかふか煙突煙吐いて

赤い火の粉も刎ね上る。

のですが……

ふかふか煙突も

赤い火の粉も

僕には遠く

僕の心は

凍える寒さの中にあるのです。

« 修羅街輓歌 | トップページ | 生い立ちの歌 »

スポンサードリンク

「山羊の歌」〜羊の歌

未発表詩篇〜ダダ手帖(1923年〜1924年)

おすすめ本

中原中也の手紙から

中原中也の手紙

ランボー詩集

  • おすすめ本

中原中也が訳したランボー(はじめに)

ランボー詩集〜附録

ランボー詩集〜後記

ランボー〜ノート翻訳詩

ランボー〜翻訳草稿詩篇

ランボー